Freeill
ORIX オリックスグループ

サービス案内代替・支援

代替

CT・MRIを所有されている医療機関様が、装置の更新やバージョンアップによって
生じる検査止めを解消するためのサービスです。

医療技術が急速に進化しているため、所有されている装置も購入から数年で更新やバージョンアップが必要になります。同時に精密機器に故障は避けられません。
しかし、更新や故障を理由に検査を全面的に中止することは、患者様に多大なご迷惑がかかるだけではなく、緊急時には社会的な信頼を損なうことにもなりかねません。
このような検査止めを解消するために、当社の塔載車を、新しい装置導入までの代替設備としてご利用ください。本サービスの提供により、検査を中止することのない、信頼ある医療体制作りを応援します。

装置代替用 搭載車両レンタルの流れ

下図のように、装置更新の検討を始められた段階で、ぜひ当社にもご連絡ください。
装置更新作業の間も、CT・MRIを使った検査に支障がないよう、
最適なスケジュールをご提案いたします。

医療機関様

  • ・装置更新の検討
  • ・更新作業中の検査方法の検討
    (代替設備をどうするか)

装置更新および工期の決定

装置更新完了

メーカー様との流れ

  • ・装置の選定
  • ・装置の決定
  • ・新装置導入の調査および計画
  • 入替工事開始
  • 新装置稼働

当社との流れ

  • ・車両説明および下見
  • ・代替機利用のための調査および計画
  • ・車両の確保
  • レンタル開始
  • レンタル終了

※ご契約内容により実際の流れと異なる場合があります。

支援

CT・MRIを所有されている医療機関様が、検査待ちを解消するためや、
大学や研究機関様が疫学調査を行う場合などに利用されているサービスです。

検査待ち解消

~1.5台目、2.5台目として~

すでに装置を所有している病院でも、装置の不足により患者様が数週間におよぶ検査待ちを強いられている場合が見受けられます。当社の搭載車両は既存装置の不足を補う支援設備として、また、包括医療制度(DPC)適用病院での外来時(入院前)検査を促進する手段として使用されています。

疫学調査などの研究

~多量なデータ収集に~

大学および研究機関での地域疫学調査に高度医療機器であるMRI装置での画像診断が取り入れられています。MRI搭載車を活用することにより、地域の公共施設などでの調査が可能となり、受診率の向上、追跡調査が可能となります。

ご利用実績

CT設備更新に
伴うレンタル件数
MRI設備更新に
伴うレンタル件数
国公立 民間 国公立 民間
北海道・
東北
17 24 13 18
関東 32 148 19 61
北陸・
甲信越
21 35 10 16
東海 15 48 10 14
関西 24 48 10 15
中国・
四国
43 40 8 12
九州・
沖縄
9 47 7 18

※2019年3月現在ののべレンタル件数です。

MRI支援(検査待ち解消)
大学附属病院 3施設
民間病院 2施設
MRI支援(疫学調査/研究)
整形分野 4大学
神経内科・認知症関係 7大学
代替・支援 お客様の声

CT・MRI搭載車のレンタルサービス、
お問い合わせはこちらから

  • お電話でのお問い合わせ【本社】 027-329-7080 受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)
  • WEBからのお問い合わせ お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合わせ【本社】 027-329-7080 受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)
  • WEBからのお問い合わせ お問い合わせフォーム